So-net無料ブログ作成

都内の桜満開、お花見は最高潮 [花 東京桜]


【2013年03月24日】週末を迎えて、東京都内の桜の名所は満開を迎えた花を見ようとする大勢の人々で溢れたらしい。

気象庁は3月22日に、都内の桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表、観測史上では2番目の早さと言う。

写真のソメイヨシノ(染井吉野)は、咲き始めはピンク色(桃色)ですが、満開になると白色に近づくようです。

ピンク色(桃色)と白色のどちらの花色が美しいかは、好み(嗜好)の問題と言える。
ピンク色(桃色)の桜花は華麗で色気があり、白色の桜花は清楚で気品があると言えよう。

早咲きで知られる静岡の河津桜は、その花色はソメイヨシノより濃いピンク色(桃色)に染まります。
また花期が1ヶ月と(ソメイヨシノより)長いのが河津桜の特徴です。

桜が満開ということは、これから散り始めるということです。
潔く散る桜の季節は、哀愁のさよなら(別れ)の季節でもある。

日本人には、ぱっと花を咲かせた後、さっと散って行く桜の儚さや潔さが非常に好まれているらしい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京都心で桜開花、今年は観測史上タイの早さ [花 東京桜]


【2013年03月18日】東京都心で「桜が開花した」と16日、気象庁は早々と開花宣言した模様。
桜開花の統計(観測)を取り始めてから最も早い記録に並んだと言うからビックリ仰天です。

写真は、東京都心の公園で開花したサクラの木の枝に止まる鳥。これはヒヨドリと思われる。

早速、花の蜜を吸いにやってきたのだろう。
ヒヨドリは花を食い散らすので花食い鳥と言われ嫌われている。

主に果実や花の蜜を食べるのですが、繁殖期には果実に加え昆虫類も多く捕食するらしい。
果実としては「センダンやイイギリ、柿」などをよく食べる。ツバキなどの花の蜜を好み、桜花の蜜も大好きなようです。

桜は春を告げる花であり、桜が咲いている季節がまさに春と言える。
桜の花は淡紅色(桃色)ないし白色の五弁花ですが、八重咲きのものもある。

育つ環境が良く、健康状態の良い木は年齢を重ねても華麗に花を咲かすのだから桜の樹は素晴らしい。

生育環境や手入れが良ければ桜の寿命は非常に長く、樹齢が1800年を超えている老木もあると言う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます