So-net無料ブログ作成
花 台湾桜 ブログトップ

台湾の人びとが大好きな桜と日本文化 [花 台湾桜]


【2012年03月27日】台湾人は「桜の花」が大好きだが、さらに日本の物なら、ほとんど何でも好きなのだと言う。
台湾の「桜の花」は日本の植民地時代に日本から持ち込まれたものものといわれている。

1895年、日清戦争で日本に敗れた清朝は台湾を日本に割譲した。
以降、第二次世界大戦で日本が1945年8月15日に敗戦するまで、台湾は日本の統治下に置かれていたのです。
そして日本の影響は1945年以降も、ほとんど衰えることなく台湾に生き続けていると言う。

かつて台湾を50年にわたって統治し、ときに圧政を敷いたにも関わらず、日本は非常に好意的な印象を台湾に残した。
日本文化を象徴する「桜の花」への愛着については、台湾における日本文化の絶大な影響力を示すものだと言う。

台湾でも毎春、大勢の人々が花見に出かけて桜の花を楽しむのですが、特にこの2~3年で桜の花見は、人気が急増したようです。
「散る桜、残る桜も散る桜」のはかない美しさが、台湾の人びとの心を捉えるのだろうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
花 台湾桜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます