So-net無料ブログ作成
景観 保津峡 ブログトップ

保津峡に春の訪れ スリルあふれる舟下り [景観 保津峡]


【2012年03月10日】京都・保津峡に春の訪れを告げる保津川下りの“川開き”が10日、出発点の京都府亀岡市で行われたと言う。
「保津川下り」は亀岡から嵐山(京都市右京区)までの約16キロを約2時間かけて下る観光名物です。
船頭が巧みな竿(さお)さばきで激流や深淵(しんえん)を乗り越え、観光客らはスリルあふれる舟旅を満喫したらしい。

京都府の中央部丹波高地に源を発し、山間をめぐりめぐって園部から亀岡市に至り、再び山間の峡谷16kmを流れて天下の名勝嵐山につき、鴨川と合流して淀川に入る。
この川の亀岡から嵯峨嵐山(京都市右京区)までを保津川と言い、峡谷の美と舟下りで有名らしい。

流れは激流あり深渕(しんえん)ありで、きわめて変化に富んでいると言う。
保津川峡谷の自然美は四季を通じてすばらしく、巨岩をはじめ、囲繞する山々と、しぶきをあげて落流する水、神秘をたたえた鏡のような渕など、変化に富んだ景観は、まさに人の目を捉えて離さない。

亀岡から嵯峨嵐山まで16kmに及ぶ保津川下りは、今日世界的に有名な舟下りとして知られ、年間を通じて約30万の観光客が訪れ、四季それぞれの峡谷の景観と舟旅のスリルを満喫していると言う。
ぜひ一度は保津川の舟下り(舟旅)を楽しんでみたいと思う。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
景観 保津峡 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます